効率的な舟券の買い方や、競艇の券種をシミュレーションを交えつつ解説します。

券種と買い方

券の種類

 

競艇(舟券)の券種について、種類と的中条件、総組み合わせ数をまとめました。
なお、上から順番に的中させやすい券種になっています。

 

単勝(単勝式)

的中条件:1着の艇を当てる
総組み合わせ数:6通り(1/6)

 

複勝(複勝式)

的中条件:2着以内の艇を当てる
総組み合わせ数:6通り(2/6)

 

拡連複(拡大2連勝複式)

的中条件:選択した2つの艇が共に3着以内に入る(競馬の影響でワイドと呼ばれることもある)
総組み合わせ数:15通り(3/15)

 

2連複(2連勝複式)

的中条件:選択した2つの艇が共に2着以内に入る(順不動)
総組み合わせ数:15通り(1/15)

 

3連複(3連勝複式)

的中条件:選択した3つの艇が全て3着以内に入る(順不動)
総組み合わせ数:20通り(1/20)

 

2連単(2連勝単式)

的中条件:1着と2着を着順通りに当てる
総組み合わせ数:30通り(1/30)

 

3連単(3連勝単式)

的中条件:1着・2着・3着を着順通りに当てる
総組み合わせ数:120通り(1/120)

 

競艇の券種は上記の7種類です。6艇固定で総組み合わせ数が少ない競艇では、人気上位選手の複勝はオッズ1.0倍になることもあるので注意しましょう。
複勝を活用できるシーンは限られていて、複勝を除く6種の券種を状況に応じて使い分けることをおすすめします。

 

買い方(券種の選び方)

競艇の舟券

競艇は3連単の需要が高いですが初心者には不向きです。3連単しか買わないなど特定の券種にこだわらないようにしてください。

 

券種で迷った時は3連単の利用価値を判断すると考えがまとまりやすいです。
3連単が有効なシーンは主に次の2パターンです。

 

  • 上位3艇が人気上位の決着になる可能性が高い(堅いレース・3連単以外は配当を期待できない買い目)
  • 波乱含みの展開を予想し、購入点数を広げても相応のリターンを期待できる(人気薄選手を1着軸にすることが望ましい)

 

初心者は3連単の人気上位を絡めた内容で購入点数を広げ、的中してもマイナス収支になる結果になることが多いです。(専門用語で「トリガミ」と言います)
無理に3連単を買うのではなく、人気とオッズを比較しながら他の券種の小点数買いと比較検討するとよいでしょう。

 

3連単BOXと3連複

舟券の買い方で迷った時は、3連単BOXと3連複を比較すると分かりやすいです。
一例として3艇を3連単BOXで6点買いした場合と3連複1点買いした場合の的中条件は同じです。

 

この場合、人気薄の組み合わせなら3連単の方が払戻金が多くなり、人気上位の組み合わせは3連複1点買いの方が有利です。
分かりやすく解説するために、オーソドックスな事例を作りました。

 

3連単(合計3,000円購入)

1→2→3 オッズ7倍 (500円→3,500円)
1→3→2 オッズ10倍 (500円→5,000円)
2→1→3 オッズ15倍 (500円→7,500円)
2→3→1 オッズ20倍 (500円→10,000円
3→1→2 オッズ40倍 (500円→20,000円)
3→2→1 オッズ70倍 (500円→35,000円)

 

3連複(3,000円1点勝負)

1-2-3 オッズ4倍 (3,000円→12,000円)

 

こちらの事例では、3号艇が1着にならない限りは3連複1点買いの方が有利ですので、3号艇が1着に入る期待値で判断するべきです。
また、3号艇への期待が高い場合でも、以下の買い方をするテクニックがあります。

 

3連単3→1→2と3→2→1を各300円、3連複1-2-3を2,400円

3連複のみ的中で9,600円
3→1→2が的中で3連単12,000円+3連複9,600円の合計21,600円
3→2→1が的中で3連単21,000円+3連複9,600円の合計30,600円

 

このように、当たりやすい券種や複数の券種を組み合わせた払戻金を計算しながら買い目を組み立てることが、効率的な買い目を作るコツです。
想定される展開や結果の選択肢が多い場合は、2連複・各連複で小点数買いに抑えた方が有利になります。

 

3連単BOXと3連複の比較方法を理解できれば、他の券種の買い方や比較への応用方法をイメージできるでしょう。
上位人気での決着を期待するのであれば小点数買い。波乱の展開を予想するのであれば3連単などで購入点数を広げるのがセオリーです。

 

細かい計算を面倒に感じる初心者の場合、慣れるまでは当たりやすい券種の小点数買いなど、シンプルな買い目で練習することをおすすめします。