競艇新聞は競艇ファンにとってなくてはならない存在です。

競艇新聞は買う?

各競艇場ごとに複数の競艇新聞が用意されていて、コンビニプリントやネットダウンロードできるタイプが人気です。
必要な情報を分かりやすくまとめられた出走表は無料ツールよりも情報量が多く、予想陣による展開予想や予想印は参考になります。

 

一部500円ほどが相場で少しでも期待値が高くなるのであれば購入価値があるように感じますが、初心者は無理して買う必要はありません。

 

新聞の内容と必要な情報

競艇新聞のイメージ

 

競艇新聞の出走表には予想に必要な以下の情報が凝縮されています。

 

選手名 / 所属支部 / 年齢・期別 / 登録番号 / 体重 / 級別(現在/前回) / 事故点・事故率 / 平均STタイム / 得意なコース / 得意な決まり手 / 優出回数・優勝回数 / SG出場回数 / 節ごとの得点・順位 / モーターの各種データ / ボートの各種データ / 選手の過去の戦歴 / 選手の平均データ / 予想陣の予想印・短評

 

詳細項目は新聞の種類によって変わってきます。
多くの情報を1つの出走表から確認できるのが競艇新聞を活用するメリットですが、各種データはネットの無料情報から入手可能です。

 

細かい情報が並んだ新聞を見て瞬時に総合的な判断・分析ができる中上級者は活用する価値が高いですが、初心者は略字かつ小さい文字で情報が凝縮された新聞よりも、ひとつひとつの情報・データを丁寧に解説したネット情報を参考にすることをおすすめします。

 

また、重要性が高い級別や事故率・平均STタイムは競艇場などで配布している無料の出走表にも記載されています。
予想の参考にする項目を増やして迷走することもあるので、初心者は簡略化された無料ツールを使った方が良い結果を残しやすいです。

 

一歩進んだ分析をしたい方は、新聞ではなくネット上から各種データを絞り込み検索するなど、新聞にも載っていない傾向を探してみるとよいでしょう。

 

新聞の予想は当たる?

新聞の魅力は予想印や展開予想、短評など新聞記者による独自の予想を紹介していることです。
プロの予想に乗っかれば有利だと思う初心者が多いですが、競艇新聞の予想通りに舟券を買っても中長期的に勝てません。

 

人間心理は的中時よりも不的中時のイメージが強く残るため、的中率が低くて回収率が高い予想をしても読者からは評価されないことが多いです。
根本的に競艇新聞の回収率・的中率を集計する人が少なく、本命をバッサリ切ったレースで本命選手が勝つと客が離れてしまいます。

 

こうした特性から競艇新聞は期待値よりも無難な内容の予想や、インパクトの残る大胆予想をする傾向が強いです。
競艇に限らず、公営ギャンブルの新聞は期待値よりも読み応えとクレーム回避を重視した構成になっていることを覚えておきましょう。

 

また、多くの方が参考にする競艇新聞で推奨された選手や買い目は、必然的にオッズが低くなってしまうデメリットがあります。

 

 

雰囲気を味わえる

新聞に赤ペンでチェック

競艇場に足を運んで新聞を買い、赤ペンでチェックを付けながら予想すると雰囲気が出ます。
予想精度や期待値は上がらなくても、モチベーションを高めることで結果が付いてくるかもしれませんよ。

 

1部500円程度の新聞代が負担にならないのであれば、雰囲気を目的に新聞を買ってみるとよいでしょう。